東芝ツーリスト


トップページへ > トラベル > 電子渡航認証システム(ESTA)

米国電子渡航認証システム(ESTA)

電子渡航認証システム(ESTA)申請のご案内

電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)は、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日に義務化されました。米国に短期商用・観光目的(90日以下) で渡航する場合(米国において乗り継ぎするケースも含む)、査証(ビザ)は免除されますが、米国行きの航空機や船に搭乗・乗船する前にオンラインで渡航認証システム(ESTA)に従って申請を行ない、渡航認証を受けなければなりません。
ESTAの登録は、お客様ご自身で、下記の申請WEBサイトにアクセスして申請手続きを行なってください。申請の際、システム運営と旅行促進にかかる費用として、料金(US$14.00ドル)が徴収されます。 支払い可能なクレジットカードは、Master Card、VISA、American Express、Discover(JCB、Diners Club)です。

▼電子渡航認証システム(ESTA)の申請WEBサイト(日本語を選んでからご記入ください)
https://esta.cbp.dhs.gov別ウィンドウで開きます

ESTAオンラインヘルプ
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1&language=ja別ウィンドウで開きます

留意点

・米国国土安全保障省は、少なくとも米国に出発する72時間前までに申請することを推奨しています。
・一度認証を受けると2年間有効です。(ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの 有効期限日までになります。)
・認証が拒否された場合は、アメリカ合衆国大使館・総領事館で査証申請を行なう必要があります。
・渡航日程が決まっていなくても申請ができますので、渡航予定がある場合は早めに申請をお勧めします。

個人情報保護方サイトのご利用条件・ご注意事項

Copyright